抜歯 口腔外科領域疾患

<粘膜疾患にかんして>
舌癌や口腔粘膜の疾患は当然全身に関しての知識を持ち合わせていない歯科医では対応することはできません。
伊勢歯科クリニックでは院長は歯科医師だけでなく医師ですので内科的な治療や慢性疾患に関して配慮した治療を行う事が可能です。
点滴など一般的な歯科医では行わない処置も日常的に行います。

<親知らずなどの抜歯に関して>
埋まっている親知らずや、真横に生えている親知らずなどの難抜歯は通常開業医では行わないケースが多いですが、当クリニックでは積極的に行っております。
大学病院などでの抜歯を勧められたなどの困難症例もご相談ください。
 麻酔科医の見解からして、わざわざ全身麻酔を行い(呼吸を停止させ、挿管し人工呼吸で管理することです)抜歯を行うケースは相当のリスクを伴います。
可能な限り外科処置に関しては局所麻酔で抜歯を行う事が侵襲は少ないと考えます。
リスクとベネフィットをきちんと精査し必要な症例に関しては大学病院に紹介をいたします。